つながりラボについて

設立趣意

主に知的障害のある子どもを持つ親たちの活動団体である「世田谷区手をつなぐ親の会」(以下親の会)は、障害があっても「地域で暮らす」ことができるよう住みやすい世田谷を作る活動を続けております。
現在は、障害者総合支援法のもと福祉制度も充実してきてはおりますが、障害者本人たちに安心して充実した生活だと感じてもらうためには、単に法制度による施策にとどまることなく、制度のすき間を埋める支援が必要であると考え、親の会の権利擁護勉強会などで会員の方々から寄せられた「愛の基金」をもとに、平成29年(2017年)6月、積極的に本人及び家族の支援活動をする母体組織として「一般社団法人つながりラボ世田谷」を親の会の有志により設立しました。

この法人は、本人の余暇を豊かにする機能と家族・本人をやさしく支える機能を二本の大きな柱と考えています。
本人たち向けのさまざまなプログラムは毎日の生活を彩る大切な意味を持ちます。プログラムへ参加することによって仲間との出会いも増え、新しい世界が広がっていくことでしょう。
障害のある子を育てていると、そのステージごとの不安や心配があるものです。困った時や悩んだときには、相談できるところがあると思うだけで少し気持ちも楽になります。私たちは相談窓口を設け、生活の中の困りごとや漠然とした不安など、どのようなことでもワンストップで相談をうけ、障害者とその家族に寄り添いながら、課題の解決を一緒に考えていきます。

ここ数年来、親の会では横浜市が行なっている「後見的支援事業」について勉強を重ねてきましたが、本人たちが親なきあとも地域で見守られながら生活を続けていける仕組みにとても共感しています。親の会の上部団体である「東京都育成会権利擁護支援センター」との連携で始まったMAPSの活動は、「横浜市の後見的支援事業」のように、地域で生活する障害のある人をしっかり支える仕組みを構築することが目的です。どのような人でも、ご自分の子どもを次世代に託す日が必ずやってきますので、親なきあとを担っていく若い方々を育てていきたいと思います。
また、将来的には法人後見を実施できるよう、法人として取り組みを進めてまいります。

まだまだ小さな法人ではございますが、多くの方々のご支援を賜ることができれば幸いと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表理事 竪山 順子

役員名(2018年4月1日現在)
理事        
竪山順子   上田幸夫
上原明子  小澤智佳子
庄司恵美  ユコフ美加

監事        
井上拓也       

プログラム

LLブックの普及

LLブックの普及

「LL」とは、スウェーデン語の「LättLäst」(英語ではeasy to read)の略です。つまり「LLブック」とは、誰もが読書を楽しめるように工夫してつくられた、「やさしく読みやすい本」のことを指します。
日本語が得意ではない方や、知的障がいのある方をはじめとした一般的な情報提供では理解が難しいさまざまな方にとっても読みやすいように作られています。

詳しく知りたい >

アクセス

小田急線   豪徳寺駅 徒歩2分
東急世田谷線 山下駅  徒歩1分
ユリの木公園沿い

〒156-0051 世田谷区宮坂2-26-17 ソーワ豪徳寺マンション306(世田谷区手をつなぐ親の会事務所内)
TEL 080-7822-1745 / FAX03-3439-0773