ラボについて

Setagayaアミーゴ・MAPS活動

親の会の活動の中のSetagayaアミーゴの支援。
MAPSとはみまもり安心パートナーズMimamori Anshin PartnerSの頭文字を取って名付けました。 世田谷の障害のある人たちに寄り添いチームを作りながら、地域生活を支えていこうとするものです。

本人活動

アミーゴは、今年3年目となる活動の定例会の開催や、企画運営などをつながりラボが担当しています。本人たちの気持ちを汲み取りながら活動を支援します。 

Setagayaアミーゴ 世田谷区手をつなぐ親の会

ここ数年来、親の会では横浜市が行なっている「後見的支援事業」について勉強を重ねてきましたが、本人たちが親なきあとも地域で見守られながら生活を続けていける仕組みにとても共感しています。親の会の上部団体である「東京都育成会権利擁護支援センター」との連携で始まったMAPSの活動は、「横浜市の後見的支援事業」のように、地域で生活する障害のある人をしっかり支える仕組みを構築することが目的です。
親なきあとも本人の権利がまもられ、楽しく生活を続けてもらいたい、そんな親の気持ちをうけて活動をしていきたいと思います。
具体的な活動
親子の高齢期の見守り、特に親なきあとの本人のみまもり
独り暮しをしている本人の不安や心配に寄り添った細やかな支援の提供
制度にはないサービスなど、法制度のすき間を埋める支援の提供

 これまでの活動としては、本人と定期的に会う、高齢の方にお電話で定期的な安否確認、ご自宅の訪問でお話を伺う、そんなことをやっています。

MAPS活動に関心を持っていただける方へ
ご自分の子どもも次世代に託す日が必ずやってきます。若いうちから活動に参加し、仲間づくりを心がけ、MAPS協力員となってみませんか。
ご興味がある方は、法人までご連絡ください。
TEL:080-7822-1745
メール:labo201706@gmail.com